バイクラジコンとミキシング

公開日: 10/18/2015 1/5バイク YouTube ユーザーサイト

「オムオムのラジコン日記」さんでバイクラジコン記事が更新されました

今回は自作ハングオン機構のバイクへSANWA製プロポMT-4SのARC機能(ミキシング)を使用してステアリング動作量に対してライダーの動作量の割合を増やしてみたとのことです。
記事ではステアリング舵角とライダー動作量を動画でわかりやすく紹介されています。

ミキシングというのはチャンネル間でサーボなどを連動(同位相・逆位相)させつつ、各々のサーボ動作量の割合等を調整できる機能です。
バイクラジコンでよく使われるのは、フロントブレーキサーボを3チャンネル目にして、スロットル系とミキシング掛けます。

自作系ハングオン機構搭載車ですとライダーの左右の動きとステアリングサーボ、ライダーの前屈の動きとスロットルを連動させたり、色々楽しいことが出来るわけです。
リアルなライダー可動とハイレベルな走りを両立するのに必須機能ですね(^O^)

引用元: オムオムのラジコン日記

-広告-


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿