SB5自作カウル&ライダー

公開日: 11/25/2015 1/5バイク YouTube

手前味噌になりますが、長々製作していたSB5用の自作カウルとライダーが完成しまして、先日のイベントに持ち込み走行することが出来ました。
当初のフルカウルは抜きの関係で頓挫していますが、当初ペーパークラフトで作ったデザインに近づけ、バキュームのし易いやり方を探す予定です。
とりあえずSB5ネイキッドとして製作した際の画像を繋いでスライドショーにしましたので、どんな風に作っているか気になる方は見てみてください(^^)




引用元:YouTube

-広告-

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

2 件のコメント :

  1. グッジョブ!
    確かにポリカを加熱するのは難しいですね。コンロでは均一に加熱できないので専用のヒーターを自作しようと材料を集めてる所でストップしてます。
    その前に自分も百均の塩ビ板でやってみようかな。
    製作中のハングオンライダーは軽量粘土製ですが(ツナギを自作しようと苦戦中)軽量粘土がバキュームフォームにも耐えられるのですね。
    ヘルメットは塗装がすぐ傷だらけになるので内側から塗装できるポリカで製作できないか考えていたとこなので参考になりました。

    返信削除
  2. ありがとうございます^^
    僕もヒーター部分を探しています。
    YouTubeで海外の方が使っているようなストレートタイプのヒーターって見かけないんですよね。
    ホットプレートのヒーターがどの程度かよくわからないし・・・^^;
    ポリカが絶対無理そうなので(材料高いし)、とりあえず塩ビでは出来たので、コンロの熱でPET板がどの程度柔らなくなるのか試したいところです。

    軽量粘土が耐えるかどうかは掃除機によるかもしれません。
    うちのは吸込仕事率50Wの安い掃除機ですが業務用だと吸込仕事率100W越えが当たり前のようです。

    ヘルメットを石膏か何かで型をとって雄型複製してそれを塩ビでバキュームすればヘルメット全体を覆うカバーになりそうですよ。香港のハングオンレーサーのユーザーがやっていました。

    返信削除